日本語教育能力検定は日本語教師へのパスポート - 東京を中心とする日本語講師のニーズ

日本語教育能力検定は日本語教師へのパスポート

日本語を母国語としない外国人に、日本語を教えるのが日本語教師です。

現在日本語教師になるために絶対に必要な資格というものはありません。


しかし、もちろんのことただ日本語が喋れるというだけで、日本語教師になることはできません。

日本語教育能力の検定についての情報はこちらです。

日本語を教えるためには、ある程度のスキルが必要となります。
日本語教育能力検定は、日本語教師としてのスキルが一定の標準に達しているか証明するための検定です。


国内の日本語学校のほとんどは、日本語教師の求人をするさいに、この日本語教育能力検定に合格しているか、日本語教師養成講座420時間を修了しているかのどちらか、あるいは両方とも取得していることを採用条件としてかかげています。



ですので日本語教育能力検定に合格することは、日本語教師になるためのパスポートといってもいいでしょう。

日本語教育能力検定試験の合格率は20%以下と低く、けっしてやさしい試験ではありません。


出題範囲がとても広いので、まとまった学習時間が必要となります。

しかし真面目にこつこつ取り組んでいけば決して受からない試験ではありません。


興味があるのであれば、どんな人でもチャレンジできる試験です。



ここ最近日本語教師の需要は高まっています。

とくに海外では、ネイティブの日本語を教える教師が不足しているといわれています。
日本語を教えることが好きで、グローバルな仕事に興味がある人なら、きっとやりがいを感じられることでしょう。